Fork me on GitHub

仕様と型

このレッスンでは @spec@type の文法について学びます。最初の @spec はツールによって解析できるドキュメントを書くための文法をより完全にするものです。二番目の @type はコードをより読みやすく理解しやすいものにする手助けをしてくれます。

目次

イントロダクション

あなたが自分で書いた関数のインターフェイスを記述したいというのはそんなに珍しいことではないでしょう。もちろん @doc アノテーションを使うこともできますが、他の開発者にとってそれはコンパイル時にチェックされない単なる情報に過ぎません。この目的のために、Elixirには @spec アノテーションがあり、コンパイラによってチェックされる関数の使用を記述することができます。

しかしながらいくつかのケースにおいて仕様は相当に大きくなったり複雑になったりしがちです。複雑さを少なくしたいのなら独自の型の定義を導入したくなるかもしれません。そのためにElixirには @type アノテーションがあります。一方でElixirは結局のところ動的言語です。このことは型に関する情報は全てコンパイラには無視されますが、別のツールによって使われるということを意味します。

仕様(specification)

もし、あなたがJavaまたはRubyの経験をお持ちなら仕様を interface だと考えてよいでしょう。仕様は関数の取るべき引数と戻り値の型を定義します。

入出力の型を定義するには @spec ディレクティブを関数定義の直前に置いて 引数 として関数名、引数の型のリスト、そして :: の後に戻り値の型を描きます。

例を見てみましょう:

@spec sum_product(integer) :: integer
def sum_product(a) do
    [1, 2, 3]
    |> Enum.map(fn el -> el * a end)
    |> Enum.sum
end

この関数を呼べば有効な結果が返って万事OKそう、に見えますが、関数 Enum.suminteger ではなく number を返します。バグの元になるところでした! コードを静的解析してこのようなバグを見つける手助けをしてくれる Dialyzer のようなツールもあります。それについてはまた別のレッスンで。

独自の型

仕様を書くのはよいことですが時として我々が作った関数は単なる数やコレクションよりも複雑なデータ構造を使って動作します。そのような関数を @spec で定義すると他の開発者が理解する、あるいは変更することが極めて難しくなってしまうかもしれません。関数は数多くの引数をとり複雑なデータを返さなければならないことがあります。長い引数のリストは潜在的にコードの中でヤバそうな匂いを漂わせるものです。RubyやJavaのようなオブジェクト指向言語ではこの問題を解決するのを助けるために容易にクラスを定義できます。Elixirにはクラスはありません。それは型を定義することで簡単に言語仕様が拡張できるからです。

Elixirには何もせずとも最初から integerpid といった基本的な型があります。全ての利用できる型の一覧は公式ドキュメントにあります。

独自の型を定義する

では先ほどの sum_times 関数を変更していくつか引数を新しく追加しましょう。

@spec sum_times(integer, %Examples{first: integer, last: integer}) :: integer
def sum_times(a, params) do
    for i <- params.first..params.last do
        i
    end
       |> Enum.map(fn el -> el * a end)
       |> Enum.sum
       |> round
end

Examples というモジュールの中に firstlast というフィールドを持った構造体を導入しました。これは Range モジュールの構造体の簡易版です。 構造体 についてはモジュールで述べます。さて、Examples構造体の仕様をあちこちで書かなくてはならなくなったとしましょう。長くて複雑な仕様を書くのは面倒ですしバグの元になりかねません。この問題を解決するのが @type です。

Elixirには3つの型の指定方法があります:

では我々の型を定義してみましょう:

defmodule Examples do

    defstruct first: nil, last: nil

    @type t(first, last) :: %Examples{first: first, last: last}

    @type t :: %Examples{first: integer, last: integer}

end

これでt(first, last)型、つまり構造体 %Examples{first: first, last: last} を表すものが定義できました。ここで型には引数を取ることができることが見て取れますが、型 t について今度は構造体 %Examples{first: integer, last: integer} を表すようにも定義しています。

この違いは何でしょう? 最初のものは構造体 Examples で2つの、任意の型になれるキーを持つものを表しています。2番めのものは構造体でキーがどちらも integer であるものを表しています。即ち以下のコードは:

@spec sum_times(integer, Examples.t) :: integer
def sum_times(a, params) do
    for i <- params.first..params.last do
        i
    end
       |> Enum.map(fn el -> el * a end)
       |> Enum.sum
       |> round
end

以下のコードと等価であるということを意味します。

@spec sum_times(integer, Examples.t(integer, integer)) :: integer
def sum_times(a, params) do
    for i <- params.first..params.last do
        i
    end
       |> Enum.map(fn el -> el * a end)
       |> Enum.sum
       |> round
end

型ドキュメント

最後にお話しなくてはいけない項目はどのように我々が定義した型をドキュメントにするかということです。我々は既にドキュメントのレッスンによって、関数やモジュールに関するドキュメントを作成するためには @doc 及び @moduledoc アノテーションがあることを知っていますね。型をドキュメント化するには @typedoc を使います:

defmodule Examples do

    @typedoc """
        Type that represents Examples struct with :first as integer and :last as integer.
        Examplesを表す型は:firstを整数型、:lastを整数型として取る構造体を表す。
    """
    @type t :: %Examples{first: integer, last: integer}

end

命令 @typedoc@doc 及び @moduledoc と同じようなものです。


このページをシェアする