Fork me on GitHub

制御構造

このレッスンではElixirで利用できる制御構造を見ていきます。

目次

ifunless

ひょっとすると以前にif/2と出くわしているかもしれませんし、Rubyを使っていればunless/2をご存知でしょう。Elixirではこの2つはほとんど同じように作用しますが、言語の構成要素としてではなく、マクロとして定義されています。この実装はKernel moduleで知ることができます。

Elixirでは偽とみなされる値はnilと真理値のfalseだけだということに、留意すべきです。

iex> if String.valid?("Hello") do
...>   "Valid string!"
...> else
...>   "Invalid string."
...> end
"Valid string!"

iex> if "a string value" do
...>   "Truthy"
...> end
"Truthy"

unless/2if/2のように使いますが、条件が否定される時だけ作用します:

iex> unless is_integer("hello") do
...>   "Not an Int"
...> end
"Not an Int"

case

複数のパターンに対してマッチする必要があるなら、caseを使うことができます:

iex> case {:ok, "Hello World"} do
...>   {:ok, result} -> result
...>   {:error} -> "Uh oh!"
...>   _ -> "Catch all"
...> end
"Hello World"

_変数はcase命令文の中に含まれる重要な要素です。これが無いと、マッチするものが見あたらない場合にエラーが発生します:

iex> case :even do
...>   :odd -> "Odd"
...> end
** (CaseClauseError) no case clause matching: :even

iex> case :even do
...>   :odd -> "Odd"
...>   _ -> "Not Odd"
...> end
"Not Odd"

_を”他の全て”にマッチするelseと考えましょう。

caseはパターンマッチングに依存しているため、パターンマッチングと同じルールや制限が全て適用されます。既存の変数に対してマッチさせようという場合にはピン^演算子を使わなくてはいけません:

iex> pie = 3.14 
3.14
iex> case "cherry pie" do
...>   ^pie -> "Not so tasty"
...>   pie -> "I bet #{pie} is tasty"
...> end
"I bet cherry pie is tasty"

caseのもう1つの素晴らしい特徴として、ガード節に対応していることがあげられます:

この例は公式のElixirのGetting Startedガイドから直接持ってきています。

iex> case {1, 2, 3} do
...>   {1, x, 3} when x > 0 ->
...>     "Will match"
...>   _ ->
...>     "Won't match"
...> end
"Will match"

公式ドキュメントからExpressions allowed in guard clausesを読んでみてください。

cond

値ではなく、条件をマッチさせる必要がある時には、condを使うことができます。これは他の言語でいうところのelse ifelsifのようなものです:

この例は公式のElixirのGetting Startedガイドから直接持ってきています。

iex> cond do
...>   2 + 2 == 5 ->
...>     "This will not be true"
...>   2 * 2 == 3 ->
...>     "Nor this"
...>   1 + 1 == 2 ->
...>     "But this will"
...> end
"But this will"

caseのように、condはマッチしない場合にエラーを発生させます。これに対処するには、trueになる条件を定義すればよいです:

iex> cond do
...>   7 + 1 == 0 -> "Incorrect"
...>   true -> "Catch all"
...> end
"Catch all"

with

特殊形式のwithはネストされたcase文を使うような時やきれいにパイプできない状況に便利です。with式はキーワード, ジェネレータ, そして式から成り立っています。

ジェネレータについてはリスト内包表記のレッスンでより詳しく述べますが、今は<-の右側と左側を比べるのにパターンマッチングが使われることを知っておくだけでよいです。

withの簡単な例から始め、その後さらなる例を見てみましょう:

iex> user = %{first: "Sean", last: "Callan"}
%{first: "Sean", last: "Callan"}
iex> with {:ok, first} <- Map.fetch(user, :first),
...>      {:ok, last} <- Map.fetch(user, :last),
...>      do: last <> ", " <> first
"Callan, Sean"

式がマッチに失敗した場合はマッチしない値が返されます:

iex> user = %{first: "doomspork"}
%{first: "doomspork"}
iex> with {:ok, first} <- Map.fetch(user, :first),
...>      {:ok, last} <- Map.fetch(user, :last),
...>      do: last <> ", " <> first
:error

それでは、withを使わない長めの例と、それをどのようにリファクタリングできるかを見てみましょう:

case Repo.insert(changeset) do
  {:ok, user} ->
    case Guardian.encode_and_sign(resource, :token, claims) do
      {:ok, jwt, full_claims} ->
        important_stuff(jwt, full_claims)
      error -> error
    end
  error -> error
end

withを導入するとコードが短く、わかりやすくなります:

with
  {:ok, user} <- Repo.insert(changeset),
  {:ok, jwt, full_claims} <- Guardian.encode_and_sign(user, :token),
  do: important_stuff(jwt, full_claims)

このページをシェアする